STUDY SUBJECT学科紹介

専門性と総合力に優れた
自動車整備マイスターへ

高度自動車科1級自動車整備士コース  定員120名  
4年制

学生フォーミュラで
授業の成果を発揮!
学生フォーミュラで授業の成果を発揮!
当校は学生フォーミュラの常連校で卒業研究のひとつとして参戦。ガソリンエンジンを使ったICVクラスと2013年から新たに電気モーターを使ったEVクラスが加わり、当校はこのEVクラスにも挑戦しダブルエントリー。
また、名古屋大学とも技術交流をおこない、互いに技術向上を図っています。
  1. POINT1
    国家1級自動車整備士をめざす。

    従来の技術・知識に加えて、電子制御装置の高度故障診断技術、ハイブリッドカーやコモンレールディーゼルエンジンなどの新技術 、地球環境保全やユーザーへの応対力などを養う教育を展開。自動車業界をリードする知識・技術・人間性を備えた国家1級自動車整備士を育成します。

    • POINT1 国家1級自動車整備士をめざす。
    • POINT1 国家1級自動車整備士をめざす。
    • POINT1 国家1級自動車整備士をめざす。
  2. POINT2
    トヨタ独自のハイレベルな資格も、
    有利な条件で取得できる!

    トヨタ自動車が全国系列販売会社のエンジニアを対象に、毎年行っているトヨタ技術検定。1級から4級までのレベルがありますが、高度自動車科のカリキュラムには検定内容が組み込まれているので、在学中に2級の受験・資格取得が可能。就職後の1級取得、 さらには1級取得者のなかの精鋭エンジアだけがなれる、「トップクルー」をめざす人材を育成します。

    トヨタ技術検定

    主な取得可能資格
    卒業と同時に高度専門士の称号
    および大学院入学資格
    • ●国家1級小型自動車整備士
    • ●トヨタ技術検定2級
    • ●トヨタ業務認定D級認定
    • ●トヨタ3級エスティメーション資格
    • ●タイヤ空気充填講習修了資格
  3. POINT3
    専門科目の約70%が「実習」。
    新技術を含めた就職後に役立つ授業が充実。

    高度自動車科のカリキュラムでは、自動車技術を極めるための専門科目が充実。しかも、専門科目の約70%が実習であり、実践で役立つ実務実習に力を入れているのが特長です。

  4. POINT4
    一般教養も充実
    • 経営学

      トヨタの販売のしくみと実践的マーケティング戦略を学習

    • 英語

      実際のコミュニケーションや自動車整備で役立つ英語を学習

    • 法学概論

      民法やPL法などを中心に具体的な事例から法律の基礎を学びます

    • 設計製図

      フレームデータ解析を行い、製品設計や工程設計の事前検証を行います

技術研究ゼミナール

卒業研究 AE86EVの製作!
1ゼミナール6名前後の少人数制で実施。仮説⇒検証⇒考察のプロセスを実際に行うことで、高度自動車科の学生に必要な視点や考え方を育みます。学生フォーミュラの開発に関するテーマのほか、ハイブリッドや教材に関するテーマなど、幅広く研究テーマを設定し、自らが課題に取り組むことで自主的な研究が深まります。また、1年間の総まとめとして発表会も実施します。

先輩に聞く!

自動車整備の最先端を実践的に学習。
高度自動車科 岩切 京亮さん(宮崎県出身)
高度自動車科
岩切 京亮さん(宮崎県出身)

トヨタ直営校だから実習車も学ぶ技術も最先端。実践的な授業が多く、販売店やメーカーと同じ高度な整備が学べます。考察力も磨かれますし、将来は就職した会社の整備技術の向上に貢献したいです。

もっと詳しく知りたい方は

オープンキャンパス

資料請求